かあいがもん「お父さんの日記」

男の子二人の父親が日々の悶々を綴ってます。

「それどこ」に寄稿しました。

まさか、自分がwebで記事を書く日が来るなんて夢にも思いませんでした。 このブログが書籍化された事もびっくりでしたけど、人生ってホント何があるかわからないものですな。 ヒゴロノオコナイガヨイカラデショウカ。グフフ。 何はともあれ嬉しい事です。 た…

42歳で高卒認定試験を受けた結果。これから進む方向を考える。

「高校進学をしたくない」と言う次男に対して中卒の親が何も言うことが出来ないと思い、高卒認定試験を受ける事を決意したのは今年の2月ぐらいだっただろうか。 いくらなんでも小学三年から学校の勉強を放棄した42歳が高卒認定試験を受けるのはかなり無謀だ…

一眼レフ1つで、ショートムービーが撮れるかやってみた。

最近、長男(23歳)と取り組んでいる事がある。 それはショートムービーだ。 少し前までは長男は役者を目指していたけれど、最近は演じる側ではなく、作る側にとても興味を持つようになった。 わたくしも普段、演じるお仕事をさせてもらっているけれど、数年…

「お父さんの日記」が書籍化される事を息子達に話しました。

突然ですが、このブログが書籍化されて8月28日に発売される事になりました。 先日、この本が発売される事をあらためて息子達に伝えましたところ「すげぇじゃん!」と喜んでくれました。 わたくしも喜んでくれた事に嬉しくなって「おまいら、今日は好きなもん…

42歳で高卒認定試験を受けて来た。結果がどうあれやりきった。

8月2日と3日に高卒認定試験を受けてまいりました。 高卒認定試験とはなんぞや?という方に説明しますと、少し前までは大検と呼ばれていたもので、中卒や高校中退でもこの試験に合格すれば高校卒業と同等程度の資格が貰える、つまりは大学などに行きたい人は…

高卒認定試験1日前。

明日は高卒認定試験だ。 わたくしは小学3年に勉強が嫌いになり放棄して約30年、そこから42歳になって再び勉強に向き合う大変さは想像を絶するものだった。 自分の中では、小さい時に大嫌いになって決別した親と三十年ぶりに再会する、ぐらいの壮大なストーリ…

父親として息子に「エロ」とか「性」について、どのように話していくか考えてみた

先日、次男とコンビニに行った時に 「パパ、お願いだからコンビニでエロ本をガン見しないで、恥ずかしいから」 と、言われた。 とりあえず、息子がエロ本を見てる事が「恥ずかしい」と言ったので、父として、男の先輩としては、そろそろ性の話をしていかなけ…

自分はどこまで、自分を受け入れられるのか?【R-18指定】

最近、朝ボーっとしてる時、自分自身の中のもう一人の自分と会話をしています。 いや、暑くなってきたから頭がわいてきたのではありませんよ。 誰もがする自問自答を、しているみたいなものです。 仮に、自分の中の自分を悶(もん)さんとしましょう。悶さん…

子供達の将来について焼肉屋さんで家族会議をした。

最近、父親としてこれでいいのだろうか?と、ふと思う事がある。 息子達の今の現状についてだ。 俳優を目指していた長男(23歳)は作品を作る方にも興味がでて来たので、もう少し自分の自由な時間が欲しい、と、今もアルバイト生活をしている。 超絶勉強嫌い…

右脳を使ったスーパー記憶術が学校の勉強に使えるか試してみた。

約1カ月後に控えた大検(高卒認定試験)を受ける為に仕事の傍ら日々学問に励んでおります。 勉強机に向かう度「逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ!」と、自分と戦っておるわけですが、ここに来て思ったのです。 「このままのペースでは8教科…

自分の体は本当に自分のモノなのだろうか?だって「自分の」と言ってる割に思い通りにならない事が多いじゃん

わたくし、昔から健康に関しては息子達にちょい言ってました。 「いいか、何をするにしても、一に健康、ニに健康だ、精神と身体が健康であれば人生は大概なんとかなる、自分の身体は大事にするんだ」 と。 でも最近、言っていてふと思ったのです。 そもそも…

カーペンターズの「青春の輝き」がどうしても歌いたかったので、ピアノとボイトレと英会話のレッスンに行った結果

20年程前に「未成年」という野島伸司さん脚本のドラマがあった。 このドラマのエンディングに使われていたカーペンターズの「青春の輝き」という曲があるのだが、わたくしはこの曲がめっぽう大好きで「いつかピアノの弾き語りで歌いたい」と思っておりました…

1日でブログのアクセス数が47万を超え、読者さんが4倍になり自分の中でわかった事があった。

数日前に「築50年(10坪)の家をリフォームすると幾らかかるのか」という日記を書いたら、1日のアクセス数が47万を超えていた。 ア◯ブロなどで旬な芸能人がブログを書いてニュースになったりするのであればまだ理解できるのだけれども、はてなブログさんで地…

やはり体力はつけた方が良いかと思う。

最近、四十二歳になってから体力が落ちてきた気がするので、もう一度、ジムに通おうかと考えている。以前までキックボクシングのジムに通っていたのだが、ちょっと事情があって辞めてしまったので。事情、と言うべきか私情と言うべきか何と言うべきかわから…

築50年の家(約10坪)をフルリフォームしたら幾らかかるか。

突然ですが、家をリフォームしました 今現在わたくしが住んでいる家ではなく、わたくしが生まれた時に数年間住んでいた家を。 ちなみに番組とか、何かの企画ではありません。 その家は母親が所有している埼玉の川口市にある築50年の小さな一軒家で、ここ数年…

そうだった、、ドラクエの新作が発売されるんだった。

今のわたくしにとって、これは本当にマズい。 7月29日にドラゴンクエストの新作、ドラクエ11「過ぎ去りし時を求めて」が発売される。 すっかり忘れていたが、コンビニのチラシで今思い出した。 何がマズいって、大検(高卒認定試験)は八月なんですよ。 もう…

何故、学校の勉強が超絶出来ないのに四十二歳まで特に問題なく生きてこれたのか

地方にドラマの撮影に新幹線で向かっているので、その時間を大検(高卒認定試験)の勉強に充てようと思ったのだけど案の定はかどらない。 参考書を読もうとしても、いつの間にかボケーっと外の景色を眺めている。 なので、今日は考えてみようと思う。 「何故…

どうしよう、本当にマズい事になって来た

四十二歳にて大検(高卒認定試験)を受けようとしてるのだが、勉強が全くはかどらない。 Completely 参考書に向かって勉強を始めようとすると、まぶたに重りが付いたのかと思うぐらい目が参考書を見ることを拒絶する。 数式や英単語を覚えようと紙に何度も書…

息子が胸が痛いと訴えてきたので検査をしてきた。

先日、わたくしが仕事で地方行っている時に次男が電話で体調不良を訴えてきた。 寝てる時に胸が痛くなったそうだ。 学校行きたくないが為の仮病は限りなく多かったが、ここ数年、風邪などで体調を崩すことはほぼなかったのでわたくしは少し驚いた。 そして、…

四十二歳になって。

先日四十二歳になりました。 今年でようやく後厄も終わります。 恐らく興味ないと思いますが、わたくしが誕生日の日は何をしておりましたかと言いますと、旅をしておりました。 四十二歳で自分の事を見失ってしまって、今の自分は自分では無いと自分探しの旅…

41歳になって高卒認定試験を受けようとするとどうなるか

高校に進学しないと頑なに決めたうちの次男に対して、自分は高校を出ていないので「高校ぐらい行っとけ」とか「学歴は大切だ」と、父親として何も言えなかったので、41歳後厄のわたくしは大検(高卒認定)を受ける事にしました。 次男が「やはり高校に行って…

父として考えなければならない時が来たようだ

もう2月中旬なんですな。 年も明けてしばらくたったのだけど、気分新たにという感じでもなく、いつもの様にほのぼのと一日が過ぎて行く今日この頃。 22歳の長男は最近は以前に増して家に帰ってくる事は少なくなったが、たまに顔を合わせた時に話すと「色々と…

四十一歳になりまして

コメントやメッセージを頂きましてありがとうございます。 コメントやメッセージをくれなかった方もお気持ちだけで、お気持ちだけで結構でごさいます。そしてご愛読ありがとうございます。 さて、わたくし四十一歳になりました。 厄年ですが自分は役者だと思…

監督さんからの助言が深かった

次男は小学生の時に映画のお仕事をさせてもらっている。 その映画の撮影が終わった時、監督さんから言われた事があった。 「お父さん、彼の感性は俳優としてとても良いものを持ってると思います、もしこれから彼が俳優さんを目指すのなら、現場に行った時な…

息子が高校には行きたくないと言ってるんだがどうすればよいか。

大学を卒業して順風満帆に人生を歩む方もいらっしゃいます。 中学までしか卒業していなくても大成したり順風満帆に人生を歩んでる方もいらっしゃいます。 逆に、とても立派な大学を卒業しているのに、それを生かせなかったり、自分が何をしたいのかわからず…

非常に悩む所ではあるのだけど、何とかなるだろう。

もう少しで中学三年生になる次男が、徐々に反抗期になりつつあるような気がする。 いや、これを反抗期と言うかどうかは難しいところなのだけど、明らかに親にとって少々厄介な事になっている。 学校から帰った次男が制服のままで、靴下を土踏まずまで中途半…

今から一緒に、これから一緒に殴りに行きたい気分だが、、、

先日、わたくしが家に帰りましたらリビングで次男がほっぺたをさすりながら物凄い不機嫌な顔をしていましたので、どうしたのかを聞きましたら「知らない先輩にいきなり顔をつかまれて殴られたんだよ」と。「あれま、そりゃあ大変だ。何か先輩に失礼な事をし…

今日という今日は、親としての本音を語ろうと思う。

「子育て」と言う言葉と「育児」って言葉を自分で使うのはちょっと苦手です。何故なんだろぅか理由を、考えてみました。「子育て」は親が子供を育てる事、と言うのが辞書にも書いてありますから、子育ての意味を言うのであればこの考え方が普通なんだと思い…

最近流行りのミニマリストを子供と実践してるとどうなるか

最近、近所の書店で売れていると宣伝してたこの本を読んでみた。ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -作者: 佐々木典士身の回りの物を減らし生活を必要最低限モノだけでモノに縛られずに暮らし、モノが少ない中での豊かさと幸せを…

息子の彼女が女優さんだったらどうするべきか。

最近、長男が家にいない事が多い。そりゃぁもう二十一歳だから色々忙しかったりするんだろうから帰ってこないのは全くもって良いのだが、しかし、もし長男に彼女がいるとすれば話は違う。何故なら、今まで長男に「彼女はいるのか」と聞いても「あぁ、いた事…